ラウンドテーブルディスカッション(RTD)公募

RTD申込 締め切り:2018年1月10日(水) ※延長 2018年1月22日(月)

第44回大会における「自主企画ラウンドテーブル・ディスカッション(RTD)」を公募いたします。複数のセッションが同時並行するようにして、個々のセッションの人数を少なくし、ラウンドテーブル本来の持ち味を出したいと考えています。

通常の部会発表とちがって、発表時間の割り振りなどは企画者の方に自由にして頂けます。RTDの特徴を踏まえた創意ある応募を歓迎いたします。

以下の申込方法をご確認いただき、RTD申込書をダウンロードしてご記入の上、抄録と併せて電子メールでお申込みください。

なお昨年までとは異なり、今年度大会からはRTDは一般演題と同じ期日内に申し込んで頂くことになりました。必ず申込書に加えて抄録を送付してください。

RTD申込要領

企画者および話題提供者

  • 原則として、企画者(兼司会者)1名と話題提供者2~4名でひとつのセッションとする。
  • 企画者は現に本学会会員であること(企画申込以前に入会手続きを済ませておくこと)、話題提供者は大会当日に会員であることを要する。
    ただし、入会手続きがない場合は、不採択となる。

    付記:なお、企画者は2017年度から会員になっていること。及び、もしRTDの企画が採択されなかった場合も入会取り消しは認められない。

テーマ

本学会で議論するにふさわしいテーマであること。

応募締切

2018年1月10日(水) ※延長 2018年1月22日(月)

必要書類及び申込方法

企画者はRTD申込書に必要事項を記入したうえで、以下の形式に沿って抄録を作成し、件名を「RTD応募_企画者名」とした電子メールを研究活動担当理事宛にご送信下さい。
着信確認のメールが3日以内に届かない場合には、お問い合わせください。
なお、この件に関するお問い合わせも研究活動担当理事宛メールにてお願いいたします。

●研究活動担当理事メールアドレス  jshms44rtd@gmail.com

抄録作成要領

  • A4判横書き、40字×40行、明朝体、余白は上下25mm、左右22mmなお、抄録はB5版に縮小されます。
  • 演題:第1行に中央寄せ(12pt、太字)
  • 副題:あれば第2行に中央寄せ(10.5pt)
  • 氏名(所属):題から一行あけて右寄せ(10.5pt)。企画者および話題提供者を順に改行して記入する
  • 本文:氏名(所属)から一行あけてはじめる

採否の決定

大会事務局で採否を決定します。


TOP