プログラム

大会テーマ ヘルス・ガバナンスの可能性 ―地域社会の誰もが参画する保健医療実践に向けて―

大会長講演

保健医療の現場からの問い

細田 満和子(星槎大学)

メインシンポジウム

地域から考える保健医療の未来

日時:平成30年5月19日(土) 16:10〜18:10

演者:

水口 迅(NPO法人みんなのポラリス )
川道 昌樹(株式会社ワールドワーク取締役)
土畠 智幸(医療法人稲生会理事長)
上原 正希(星槎道都大学教授)

指定発言:

天田 城介(中央大学)
井口 高志(奈良女子大学)

司会:

蘭 由岐子(追手門学院大学)
山本 武志(札幌医科大学)

特別講演

Health Workforce Governance: Problems, Priorities and Policy recommendations

Stephanie Short (The University of Sydney)

プレ30周年記念シンポジウム

保健医療社会学における方法論の未来

演者:

藤澤 由和(宮城大学)
山崎 浩司(信州大学)
前田 泰樹(立教大学)

指定発言:

中山 和弘(聖路加国際大学)

司会:

田代 志門(国立がん研究センター)

ナイトセッション(理事会企画)

(1)質的研究法に関する随想

企画世話人:

樫田 美雄(神戸市看護大学)
松浦 智恵美(立命館大学大学院)
志水 洋人(大阪大学大学院)


(2)日本医学教育評価機構(JACME)の審査について

企画世話人:

金子 雅彦(防衛医科大学校)
本郷 正武(和歌山県立医科大学)
樫田 美雄(神戸市看護大学)
工藤 直志(旭川医科大学)

一般演題(口演・ポスター発表)、ラウンドテーブルディスカッション


TOP